ニセ科学

当サイトでは磁気活水器を「ニセ科学」と判断します。
ニセ科学とは、科学のフリをした非科学的な信念や活動です(疑似科学、似非科学)。

NMRパイプテクターの業者が主張する「動作原理」は現代科学で確認されたことがありません。また、信頼できる第三者機関によって装置の効果が実証されたこともありません。
業者が科学的だと主張したいのであれば「電磁波を放出する」「水のクラスタを小さくする」「水和電子が生成される」などの要素技術について実験結果を出すべきです。しかし、これら要素技術について測定したことがあるかどうかも明かされていません。
こういった対応は科学的とはほと遠いため、NMRパイプテクターを「ニセ科学」と判断するものです。

当サイトではNMRパイプテクターを「活水器」「磁気装置」「磁気活水器」と表現します。
事業者は「磁気装置ではない」と主張していますが、こういった区分には意味がありません。

  • 「活水器」「磁気装置」「NMR更生装置」はいずれもニセ科学であり、科学的にありえない原理を区別することに意味はない
  • ニセ科学の動作原理はいくらでも捏造できるため、造語が出るたびにカテゴリを増やしていたらきりがない
  • NMRパイプテクターはステンレス筐体に磁石が内蔵されたシンプルな装置であり、ニセ科学カテゴリの「磁気装置」と外形的には同一である
  • Q:現代科学で解明されていなくても、未知の現象で効果が現れる事もあるのではないか?
    • A:「未知の現象で効果が出る」なら、そのように説明するべきです。また、どの作用機序が「未知」なのかを明らかにすることは可能なはずです。これら初歩的な手続きを怠った主張は「ニセ科学」です
  • Q:「科学的に正しい」とされたことが後に否定されたり、「非科学的」とされたことが後に証明されることもあるのではないか?
    • A:NMRパイプテクターは査読付き論文が出ていないため第三者が検証することができない状態です。科学の土俵を避ける主張は「ニセ科学」です