その他の削除要請

科学雑誌「理科の探検」ウェブサイトの公開停止問題は大きな問題の一部にすぎない。

始まりは、「理科の探検」2019年4月号(2019/2/26発売)に批判記事が出たことであろう。
「NMRパイプテクター」の販売開始(1996)以来ネットでの批判記事は散見されていたが、書籍による批評は初ではないかと思われる。
続けて「消費者法ニュース」119号(2019/4/25発売)でもニセ科学特集が組まれている。
これらを受けて業者が対策を検討し始めたと考えてよいだろう。

ここで削除要求の歴史を見てみよう。
*「日シ社」は日本システム企画株式会社

# 時期 請求者 被請求者 対象者 立場 請求内容 措置
02001/1/15日シ社社長天羽優子 准教授天羽優子 准教授研究者メールによるサイト記事の削除要求記事の修正(コメント付き)
12019/5/30日シ社弁護士ツイッター社Material300購入者仮処分決定に基づくアカウント停止ツイッターアカウント停止
22019/6/7持続可能事業支援機構消費者市民ネットとうほく天羽優子 准教授研究者ツイッターアカウント「消費者を守る」へのツイートの削除の要望対応せず
32019/6/17日シ社弁護士山形大学 学長天羽優子 准教授研究者封書によるツイートとサイトによる誹謗中傷の停止の懇請対応せず
42019/7/3日シ社社長山形大学 学長天羽優子 准教授研究者封書によるサイトによる誹謗中傷の中止のお願い対応せず
52019/8/23不明ロリポップ!理科の探検編集者民事訴訟の仮処分申立に基づく情報削除ウェブサイト全体がアクセス禁止(9/5解除)
62019/8/29日シ社gooブログ快適な団地生活を求めるブログ人購入者仮処分申立(?)に基づく公開停止該当記事のみ公開停止
72019/9/3不明日本技術士会技術者教育支援チーム技術者要求内容不明チーム紹介ページ内の見解書の削除
82019/9/4不明日本技術士会技術者教育支援チーム技術者要求内容不明資料庫内の見解書の削除
92019/10/8日シ社ロリポップ!理科の探検編集者仮処分申立に基づく情報削除進行中

Material300氏への仮処分申立が上手くいったので、手当たり次第に削除を訴えはじめたように見える。
記事の削除が目的なら本人に話したほうが早いと思われるが、騒ぎが大きくなったことで書類が拡散されており、請求者の目的が果たされていないといえる。
そろそろ路線変更してはいかがだろうか。