効果なし報告

ツイッターで「サビが悪化したのに返金されなかった」という報告が寄せられた。
マンションが特定できない部分に限って開示可能ということなので取り上げる(本邦初公開!)

設置1年後の検査でサビが増大したというレポート(赤枠と文字は筆者)。
活水器の業者が効果がなかったことを認めた珍しい例ではなかろうか。
マンション内の2箇所で「閉塞率」を測定し、うち1箇所でサビが増大していたという測定結果である。

サビが増大したのに返金されないことについての業者からの説明(赤枠は筆者)。
このマンションでは設置後に断水していた時間があり(24時間)、この間に想定外のトラブルが発生したという主張のようだ。
たまたま流れてきたサビが、なぜかピンポイントで接合部のサビにぴったり付着したという奇跡が起きたということになってしまいます。
そんな無茶な主張なのに、流れサビかどうかの調査はせず「推測致します」を落とし所にしている。
都合の悪い事実を、自分に都合の良い「想像」で否定できるなら、装置の返金実績がないことも納得できるレポートである。